忘れ物がないよう、受験の際には必ずご確認ください。
(忘れ物があった場合、受験中止になることがあります)

当日、受験受付に
提出

※所属長、もしくは幹部拳士で提出のこと

◯学科宿題
①A4版 縦書き400字詰め原稿用紙(ワープロソフト
での自作用紙も可)で作成する。
②中学生以上の拳士は、ペン書き(消せるボールペン
は不可)もしくはワープロソフトで作成する。
③提出の際は、所属長より配布される所定の表紙をつけ、原稿用紙を二つ折りにして、本のように綴じて提出する。
④課題1題につき、原稿用紙3枚を目安とすること。

◯会場費(県外からの受験の場合)

 

受験者
共通
◯道衣(腕章を着用)、帯
※服装規定に合うものを着用する
◯筆記用具

※1 道衣の上着の下に着用するものは、小学生と女性のみ、白色のTシャツ(ワンポイント程度は可)を着用できる。
※2 サポーター類は、負傷部位の保護を目的としたもののみ認める(実技試験の際、担当試験官に必ず申し出る)

小学生 ①少林寺拳法公認プロテクター、もしくは表面の柔らかい胴
中学生 ①少林寺拳法公認プロテクター、もしくは表面の柔らかい胴
②ヘッドガード(少林寺拳法公認、もしくは市販の準ずるもの)
※少林寺拳法公認フェースガードは不可
③少林寺拳法公認ファールカップ、もしくは市販の金的カップ(男性拳士のみ)
高校生以上 ①少林寺拳法公認プロテクター、もしくは表面の柔らかい胴
②少林寺拳法公認ヘッドガード、もしくは少林寺拳法公認フェースガード
③上段防具(②)にあわせ、手を保護するもの(いずれか)
・ヘッドガード
  →少林寺拳法公認、もしくは市販の拳サポーター
・フェースガード
   →少林寺拳法公認拳サポーター、白色の薄手の手袋、軍手
④少林寺拳法公認ファールカップ、もしくは市販の金的カップ
 (男性拳士のみ)
※50歳以上の受験者で運用法の試験を希望しない拳士は、③上段防具、④ファールカップもしくは金的カップ  は不要。(中段防具は実技試験で使用するので、忘れないこと)