千葉県連盟理事長より皆さまへ

 

合掌

 陽春の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
 平素は千葉県連盟の活動にご協力をいただきまして誠に有難う御座います。

 新型コロナウイルスの感染がとうとう三年目となってしまいました。若干収束の兆しが見えたように感じますが、まだまだ油断できないのではないでしょうか。
 このような環境の中、皆様、生活に直結するような不自由な生活を強いられておられることと察します。

 2021年度はコロナの影響を受け、残念ながら断念しなければならない行事がありましたし、県大会や昇段試験、武専と様々な制約の中、綱渡りで活動してきました。
 所属長の皆様も、道院や支部の運営においても大変なご苦労とご努力をされた事ではないでしょうか。

 2022年度を迎え、連盟内で様々な行事の予定を立てましたが、予定通り進める事が出来るか心配しております。6月に開催いたします県大会も、感染予防策として、外部からの招待を断念して行います。
 早く正常な日常生活に戻れる事を願っておりますが、そう簡単な事ではなさそうです。

 愚痴ばっかり言っても始まりません、この不自由な生活が普段の環境であると考えて、前向きに、明るく、やれる事を精一杯頑張ろうではありませんか。

 達磨さんの教え、「七転び八起き」の精神で、本年度も県内一致団結して頑張りましょう。ご協力をお願いいたします。

                                   結手

 

                        2022年4月1日

                        千葉県少林寺拳法連盟

                        理事長  井形 眞寿夫

 

 

【略歴】323期
津田沼道院 道院長
正範士 七段
少林寺拳法ナショナル考試員
少林寺拳法ナショナル審判員
本部審判員